ページの先頭です 本文へスキップ ここからグローバルナビゲーションです グローバルナビゲーションはここまでです ここからページの本文です

震災復興語り部

東日本大震災当日の魚市場からの画像 (気仙沼ケーブルネットワーク株式会社「東日本大震災~3.11~」より)

東日本大震災~3.11気仙沼の記録~ (全3巻各2,000円、英語版あり1,000円 税別)
震災直後からその後の復興にかける気仙沼市民の様子を収録したものです。
教育・視察旅行の事前学習として、会場やバス内でご試聴頂くことにより防災や減災に係わる、より学習効果の高いプログラムにすることができます。郵送での販売もしておりますので購入ご希望の方はお電話でお問い合せ下さい。

被災を語り継ぐ語り部「震災復興語り部」の取り組みを開始しました。

※原則、10名以上の団体様からの利用となります(個人での利用は要相談)。

気仙沼震災復興語り部とは

2011年3月11日、午後2時46分に発生した東日本大震災により、三陸沿岸部は未曾有の被害を受けました。そんな被害を乗り越えて逞しく生き抜く人々の様子を話す団体を結成しました。

講師陣として、行政経験者、避難所管理者、仮設住宅住民、ホテル社長、寿司職人、元消防長、住職・神主、自治会長など多種多様の構成メンバーとなっており、市全体が一丸となって気仙沼の今を伝えます。

1. 震災に係わる様々な説明が可能です
30名を越える、様々な職種、震災を体験した語り部が、専門の知識や経験を生かして、被災時やその後の対応、そして復興へと向けた歩みを説明します。
2. 講演、バス内で、現地案内などスタイルを選べます
時には会場を貸し切って、時にはバスの中で・・・etc。視察や旅行のスタイルに合わせて、様々な方法でガイドをすることが可能です。
3. 気仙沼全地域を使ったコースを作製できます
リアス式海岸美の象徴的な唐桑半島。東北最大の有人離島である大島。塩田としての歴史が深い階上。海と山の恵み豊かな本吉。そして、日本有数の漁港である歴史ある気仙沼の内湾地区。このすべてのフィールドを使って、バリエーション豊かなコースを作ることが可能です。

コース例

※対応する語り部さんによっては、自身の体験を説明するために、下記コース例とは異なるルートを通る場合があります。
 コース例のとおりのルートをご希望の場合は申し込み書備考欄にその旨記入願います。

※要望に応じて様々なルート構築が可能です。
 教育・視察旅行のご要望に合わせますのでご相談ください。

内湾視察コース(1時間)

内湾視察コース

内湾~階上or唐桑半島視察コース(2~3時間)

内湾~階上or唐桑半島視察コース

震災総合学習コース(3時間)

震災総合学習コース

※ 各施設利用は有料となります(詳細につきましてお電話にてご確認下さい)。

大島体験学習・視察コース(1泊2日)

大島体験学習・視察コース

コースと料金

  1時間 2時間 3時間
防災教育語り部講話(学生対象) 2,000円 3,000円 5,000円
大津波体験語り部講話(一般対象) 3,000円 5,000円 8,000円

教育・視察旅行時の手元資料「見聞思考」1冊 300円

震災当時から、直後、そして復興・復旧の様子と東日本大震災からの今を伝えるガイドブックです。団体での教育・視察旅行の際の手元資料や、個人での街歩きに最適なサイズ。各地域での津波高などの震災の概要も記載しております。

教育・視察旅行時の手元資料「見聞思考」

お申し込み方法

お申し込み用紙に必要事項を記入をし、FAX及びメールにて送信をお願い致します。
調整のうえお申し込み完了書を送信させて頂きます。
※お電話での仮予約等は受けかねますのでご了承願います。申込み完了書を送信させていただいた時点で予約が確定となります。

留意事項

  1. ご案内中の語り部が、交通費・入場料・飲食代などを要する場合、及び、講話を行う会場費については、お客様のご負担になります(別途協議)。
  2. お申し込みは、希望日の7日前までにお願いいたします。
  3. 料金については、当日語り部にお支払いください(領収書を発行します)。

お申し込み・問い合わせ先

気仙沼観光コンベンション協会 電話 0226-22-4560
               FAX 0226-22-9280

ページの本文はここまでです ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です